• 042-512-8308
  • info@karashidane.tokyo

立川からしだね教会 | 東京・立川の小さな教会 - 日本基督教団 西東京教区

立川の小さな教会(日本基督教団 西東京教区)

立川の小さな教会 立川からしだね教会

立川からしだね教会

日本キリスト教団 西東京教区

立川の小さな教会

立川駅徒歩10分

立川からしだね教会は、日本基督教団・西東京教区の開拓伝道のヴィジョンから生まれた教会(プロテスタント)です。

毎週日曜には、午前10:30からの朝礼拝の他に、西東京教区が主催する夕方5:30からの夕礼拝が行われます。朝礼拝の説教は立川からしだね伝道所の道家牧師が行い、夕礼拝の説教は西東京教区内の各教会の牧師が持ち回りで行っています。

また、祈禱会や聖書研究会、牧師面談日などの時間を設け、立川の地にイエス・キリストの福音を伝える場となっております。

教会について

メッセージ - 説教要旨

2021年11月14日(主日礼拝)ヨハネによる福音書 15章18節〜21節「決して滅びない」 道家紀一牧師

キリストを信じることは、世と向きあうことになります。また、それだけでなく、世と戦い抜くことができず、かえって世に巻き取られてゆく自らの罪とも向きあうことになります。“キリストの名ゆえに”受ける迫害です。しかし、キリストにある教会は、休むことなく礼拝をささげ続けることによって、迫害と戦い続け勝利して来ました。教会がなくならない、いやそれどころか今も世界中に教会は増え続けているという歴史の事実が、その勝利を証明しています。


2021年11月07日(聖徒の日礼拝)ヨハネの黙示録 20章11節〜15節「命の書に名が記されている」 道家紀一牧師

教会の長い歴史において、先に死なれ、今は深い眠りに就いておられる方々は、みな最後の裁きのときキリストの弁護を受ける権利を得ている方々=聖徒と呼ばれる方々です。今ここに生きるわたしたちもまた、キリストの救いの御恵を信じて、その弁護を受けられることを確信し、与えられた生涯を精一杯生きて行きたいと願います。


2021年10月31日(宗教改革記念日礼拝)ヤコブの手紙 1章5節〜8節「信仰と知恵」 永瀬よしこ伝道師

「信仰と知恵」について神は、信じて祈る信徒に、その時に応じて、神の知恵を授けてくださいます。そしてその知恵を祈り求めることです。ですから、全てを可能とされる神なる主イエスにたより、良き知恵を与えて下さるよう祈り求めることこそ、信徒の正しい信仰生活の姿なのです。また、ヤコブは、この書簡を書くにあたり、教会全体に向けて書いています。互いに主を救い主として告白する私たちは、互いのために執りなしの祈りをし、集い礼拝を捧げるのです。

もっと見る