• 042-512-8308
  • info@karashidane.tokyo

立川からしだね教会 | 東京・立川の小さな教会 - 日本基督教団 西東京教区

立川の小さな教会(日本基督教団 西東京教区)

立川の小さな教会 立川からしだね教会

立川からしだね教会

日本キリスト教団 西東京教区

立川の小さな教会

立川駅徒歩10分

立川からしだね教会は、日本基督教団・西東京教区の開拓伝道のヴィジョンから生まれた教会(プロテスタント)です。

毎週日曜には、午前10:30からの朝礼拝の他に、西東京教区が主催する夕方5:30からの夕礼拝が行われます。朝礼拝の説教は立川からしだね伝道所の道家牧師が行い、夕礼拝の説教は西東京教区内の各教会の牧師が持ち回りで行っています。

また、祈禱会や聖書研究会、牧師面談日などの時間を設け、立川の地にイエス・キリストの福音を伝える場となっております。

教会について

メッセージ - 説教要旨

2021年05月02日(主日礼拝)ヨハネによる福音書 13章1節〜11節「主に足を洗っていただける恵み」 道家紀一牧師

主イエスは、イスカリオテのシモンの子ユダのことを指して、『皆が清いわけではない』と言われます。イスカリオテのユダは、既に全身を清められたわたしたちの中に、今も存在しています。洗礼を受けて全身清くなったはずであるのに、わたしたち罪を犯します。その罪の汚れは、主イエスによって、生涯、洗い続けていただかなければなりません。「完全に洗い清められる」その日、その時まで、主の洗いを受け続けてゆくのです。


2021年04月25日(主日礼拝)ローマの信徒への手紙 10章5節〜13節「主の名を呼び求める者はだれでも救われる」 永瀬よしこ伝道師

神を知っているユダヤ人も、神を知らなかったギリシア人(異邦人)にも同じ主が臨んでくださり救いに与ることが出来ます。そのことを信じるためには、「口でイエスは主であると公に言表し、心で神がイエスを死者の中から復活させられたと信じる」ことが大切です。教会は「イエスは主であり救い主」との告白による共同体です。同じ一つの主を信じる群れです。ユダヤ人であろうがギリシャ人であろうが、誰でも、教会へ来て、告白に同意するなら救われます。


2021年04月18日(日本伝道の推進を祈る日礼拝)使徒言行録 20章31節〜32節「恵みを受け継がせる言葉」 道家紀一牧師

パウロは語ります。「この言葉は、あなたがたを造り上げ、聖なる者とされたすべての人々と共に恵みを受け継がせることができます」と。聖書の言葉を神からの恵みの言葉として受け取ることが出来たとき、その言葉に聞き続けるわたしたちとその人生は、思いもよらない“完成”へと導かれます。神の言葉である聖書がキリストに捕らえられた豊かで確信に満ちた人生を造り上げます。それを可能とするために聖書の言葉に聴き続けてゆくのです。

もっと見る