• 042-512-8308
  • info@karashidane.tokyo
立川の小さな教会(日本基督教団 西東京教区)

2020年9月20日週報より

教会からのお知らせ

*次週で今年度も半期を終えます。10月に入ります。10月4日(世界聖餐日礼拝)に聖餐式を執り行うことを考えております。コロナ感染の状況を見ながら判断します。

教区・教団から

*先週15日~17日に行われた教団秋の教師検定試験が無事に終了しました。行われました。49名の正教師が受験しました。主に感謝いたします。

*今週は、「高井戸教会」です。「エレベーター等の設置がなされた会堂に多くの方たちを迎え入れ、福音を伝えることができますように。付属幼稚園の歩みが祝されますように」が祈りの課題です。

2020年9月13日週報より

教会からのお知らせ

*先週一週間、西東京教区の祈りのカレンダーで「立川からしだね伝道所」が祈られました。幾つかの教会から祈りの手紙が来ています。新型コロナウイルス感染症の中、祈り合う教会があることを、おぼえ感謝しましょう。

教区・教団から

*15日~17日に教団の秋の教師検定試験が行われます。お祈りください。

*沖縄教区の美里教会のために祈りささげましょう。箱を用意しました。

*今週は、「久我山教会」です。安倍愛樹牧師が牧会されています。「久我山教会の頂点である『みことばに堅く立ち、ともに祈る』に絶えず立ち返りつつ、こどもから高齢者まで、主にあって喜び溢れる教会として豊かな礼拝を守り、地域の人に親しまれる教会でありたいと願っています。」が祈りの課題です。

2020年9月6日週報より

教会からのお知らせ

*本日は「振起日礼拝」をささげています。春先からはじまった新型コロナウイルス感染症とかつてない今夏の猛暑と、厳しい日々が続いていますが、信仰を整え直しましょう。

*明日、教区の常置委員会がオンラインにて開かれます。伝道所の報告書を提出します。報告が承認されましたら、配付いたします。今年度1000円募金を依頼するかどうかについても協議される予定です。お祈りください。

教区・教団から

*台風10号が近づいていますが、先月の集中豪雨で、沖縄教区の美里教会が大きな被害を受けました。修復に1000万円が必要とのことです。募金にご協力ください。なお、九州熊本の球磨地方には、熊本YWCAが人道支援に入っています。こちらは、ACTJapan forum(NCC)を通して支援される予定とのことです。現在、県外からのボランティアの受け入れは行われていません。

*今週は、わたしたちの教会「立川からしだね伝道所」がおぼえられます。「2017年に現会堂を取得、朝と夕の礼拝他集会を続けています。皆様の祈りと支えに感謝しつつ、さらなる歩みを始めたいと願っています。」が祈りの課題です。

2020年8月30日週報より

教会からのお知らせ

*次週は「振起日礼拝」としてささげます。厳しい夏の暑さに一区切り付けて、実りの秋、伝道の秋に向けて、信仰を整え直す礼拝です。春先よりの新型コロナウイルス感染拡大、例年にない猛暑と、厳しい日々が続いています。祈りをもってご出席ください。

*様々な事情で、暫く、礼拝に出席されていない方々をおぼえ祈りましょう。はがきを用意しました。自由にお書きください。

*9月の月報を配付しました。ご覧の上、ご奉仕などよろしくお願いします。

教区・教団から

*日本基督教団の公式HPに「コロナと共に 新型コロナウイルス対策資料」のコーナーが新設されました。これまで教団が発信して来たメッセージに加え、礼拝をネット中継する際の著作権の問題なども分かり易く掲載されます。ご覧ください。一日も早く、通常の教会活動に戻れますよう祈りを合わせましょう。

*今週は「五日市伝道所」をおぼえます。細田隆牧師が牧会されています。「地域にあって、キリストの体として、福音を伝える役割が果たせますように。信仰の兄弟姉妹としての新しい方が与えられますように。」が祈りの課題です。

2020年8月23日週報より

教会からのお知らせ

*厳しい夏の暑さもやや峠を越えたかのようですが、未だ暑さは続きます。新型コロナウイルスの感染予防と共に、熱中症にもご注意ください。礼拝中のマスク着用をお願いしていますが、お身体に異変を感じられた場合は、遠慮なくお申し出ください。

*コロナ禍など、様々な事情で、暫く、礼拝に出席されていない方々をおぼえて祈りましょう。

教区・教団から

*日本基督教団の公式HPに「コロナと共に 新型コロナウイルス対策資料」のコーナーが新設されました。これまで教団が発信して来たメッセージに加え、礼拝をネット中継する際の著作権の問題なども分かり易く掲載されます。ご覧ください。また、一日も早く、通常の教会活動に戻れますよう祈りを合わせましょう。

2020年8月16日週報より

教会からのお知らせ

*本日は、「日本伝道の推進を祈る日の礼拝」をささげています。祈りにおぼえる教会は、四国教区の2教会(香川豊島教会・高知中村教会)と西中国教区の64教会・3伝道所です。礼拝出席20名以下が44教会・伝道所あります。配付したコピーを御覧ください。

*新型コロナウイルスの感染予防に加えて、暑さも厳しくなって来ました。教会へ来られるときは熱中症にご注意ください。礼拝中はマスクの着用をお願いしていますが、お身体に異変を感じられた場合は、遠慮なくお申し出ください。

2020年8月9日週報より

教会からのお知らせ

*平和をおぼえる月を歩んでいます。先週6日には「広島」本日9日は「長崎」に原爆が投下された悲惨な歴史をおぼえます。核兵器のない世界へ向けて祈りをささげましょう。今週の15日は「終戦記念日」を迎えます。75年間他国と本格的に戦役を交えることのなかった我が国の歩みについて、主に感謝をささげましょう。

*新型コロナウイルスの感染拡大は暫く続くと思われます。「正しく恐れる」ことを念頭に、教会と個々の生活を整えてまいりましょう。

*暑さが急に厳しくなって来ました。教会へ来られるときは、熱中症にご注意ください。礼拝中であっても、お身体に異変を感じられた場合は、遠慮なくお申し出ください。

2020年8月2日週報より

教会からのお知らせ

*本日は、「平和聖日礼拝」としてささげています。戦後75年を迎えます。韓国とは戦後で最も関係が悪化し、新型コロナウイルスの感染拡大も収まることなく、社会と世界は分裂と対立が増しています。平和の主イエス・キリストにある平和を携えて、共に祈りを合わせましょう。

*新型コロナウイルスの感染者が更新されていますが、朝礼拝は継続します。感染防止対策を徹底して、続けてゆきます。共に祈ってまいりましょう。

*8月の月報を配付しております。ご確認上、ご奉仕などよろしくお願いいたします。

2020年7月26日週報より

教会からのお知らせ

*次週は、「平和聖日礼拝」をささげます。戦後75年を迎えます。隣国韓国中国との関係も悪化する中、新型コロナウイルスも加わって、世界は再び第二次大戦前の状況が近づきつつあるとも言われます。平和の主イエス・キリストを信じる群れであるわたしたち教会は、もう一度、「主にある平和」を祈って、証ししましょう。

*新型コロナウイルスの感染者が最大となりましたが、朝礼拝は継続します。“With Corona”の時代に対応しながら、教会の活動を続けてゆきます。感染のピークアウトを過ぎるまで「夕礼拝」「老いはちっともこわくない」の再開は見送りとします。

2020年7月19日週報より

教会からのお知らせ

*本日は、「日本伝道の推進を祈る日の礼拝」をささげています。祈る教区は「兵庫教区」と「東中国教区」です。都市圏の教会と地方の教会との格差は格差ではなく、互いに祈り合うことで、日本基督教団として一つの伝道する主の教会(全体教会)となります。個々の教会・伝道所が伝道するのではなく、共におぼえて祈り合う伝道の御業へと向かっていきましょう。

*東京都の感染者が倍増しました。心配することはありますが、「恐れるべきことは恐れ、注意すべきことは注意して」神を賛美してまいりましょう。基本は「手洗い」「うがい」「消毒」「換気」「三密(密集 密閉 密接)を避けること」です。礼拝室では、マスクを着用し、讃美や会話のときは、静かな発声にご配慮ください。

*「夕礼拝」と「老いはちっともこわくない」の再開は、なお一層感染拡大の状況をみながら、検討を続けていきます。