• 042-512-8308
  • info@karashidane.tokyo

立川からしだね教会 | 立川の小さな教会 - 日本基督教団 西東京教区

立川の小さな教会(日本基督教団 西東京教区)

立川の小さな教会 立川からしだね教会

立川からしだね教会

日本キリスト教団 西東京教区

立川の小さな教会

立川駅徒歩10分

立川からしだね教会は、日本基督教団・西東京教区の開拓伝道のヴィジョンから生まれた教会(プロテスタント)です。

毎週日曜には、午前10:30からの朝礼拝の他に、西東京教区が主催する夕方5:30からの夕礼拝が行われます。朝礼拝の説教は立川からしだね伝道所の道家牧師が行い、夕礼拝の説教は西東京教区内の各教会の牧師が持ち回りで行っています。

また、祈禱会や聖書研究会、牧師面談日などの時間を設け、立川の地にイエス・キリストの福音を伝える場となっております。

教会について

メッセージ - 説教要旨

2019-05-12(主日礼拝)ローマ人への手紙 14:7 - 9「唯一の慰めとは」

ハイデルベルグ教理問答講解<登家勝也牧師訳&著>にある<生きるにも死ぬにも、あなたの只一つの慰め>という文章の慰めとは静かになり、治まるという意味です。そして、問2及3まで広げるとその反語は悲惨が該当します。その慰めの内に生きるには、自己の悲惨を悟ることが必要であり、その悲惨とは、故郷を離れた状態を示し、確固とした地盤がなく、さ迷いながら誰にも頼れず、只一人で生きているという状態を示す。その反対が慰めである故に、慰めとは堅固な救い主イエスへの信仰を土台として確実に立上ることなのです。


2019-05-05(主日礼拝)ルカによる福音書 24:36 - 54「後のことは教会にゆだねられた」

主イエスは、死の淵からよみがえられました。しかしそれはなかなか信じられませんでした。最初に墓へ行った婦人たちとペトロが見たのは“空になった墓”でした。だれもよみがえった主を見ていないのです。ところが、主は彼らに顕れてくださいました。復活された主となって。それは肉の体での復活ではなく神の体での復活でした。神の体でありながら、生前の主と変わらないお姿を見せて、弟子たちに「救いの喜びと確信」を与えます。やがて主は天に戻られますが、のこされた者=教会は希望と確信に満ちて主の救いを宣べ伝え続けます。


2019-04-28(主日礼拝)ルカによる福音書 24:13 - 35「本当に主は復活なさった!」

その日エルサレムから10キロメートルほど離れた町エマオへと向かって二人の弟子(一人はクレオパ)が歩いていました。歩きながら話している内容は近頃都で起こったことでした。イエスが十字架に架かって死なれたが、三日後によみがえったと婦人たちが伝えていること…。そこへ復活の主ご自身が顕れなさって、二人の間に割って入り、聖書全体について説明を始められました。それでも主イエスと気づかない二人でしたが、宿に泊まってパンを裂かれたとき、主であると分かりました。「聖書の解き明かしと聖餐」の起源がここにあります。

もっと見る