• 042-512-8308
  • info@karashidane.tokyo
立川の小さな教会(日本基督教団 西東京教区)

立川からしだね教会って?

道家紀一牧師

道家紀一牧師

立川からしだね教会は、日本基督教団・西東京教区の開拓伝道のヴィジョンから生まれた教会(プロテスタント)です。

毎週日曜には、午前10:30からの朝礼拝の他に、西東京教区が主催する夕方5:30からの夕礼拝が行われます。朝礼拝の説教は立川からしだね伝道所の道家牧師が行い、夕礼拝の説教は西東京教区内の各教会の牧師が持ち回りで行っています。

また、祈禱会や聖書研究会、牧師面談日などの時間を設け、立川の地にイエス・キリストの福音を伝える場となっております。

立川からしだね教会へのアクセス

沿革

出来事
~1999 東京教区西支区時代。「親教会群」の制度による開拓伝道
1999 西東京教区の成立。教会を生み出せる教区を目指す。
2005 伝道協議会「伝道する教会の形成」(講師:山口隆康)
2006 伝道協議会「教勢から見た伝道の歴史」(講師:戒能信生)
2007 教区総会で開拓伝道準備委員会(1年期限)を設置。
伝道協議会「先立つ主に従って」(講師:大串眞)
2008 教区総会で開拓伝道実行委員会(1年期限)を設置
立川駅南口(99+Tachikawa)での立川夕礼拝開始
全体研修会でバザー(収益金を立川伝道へ)
2009 教区総会で開拓伝道実行委員会(1年期限)を設置
全体研修会でパネルディスカッション「地域伝道」
2010 「立川伝道センター」の昼間の利用(各部会・委員会)開始
立川開拓伝道に就いて祈る会・語る会を毎月実施(伝道部と共に)
2012 立川からしだね伝道所設立
2014 初代先住牧師として道家紀一牧師が就任